エアロバイクで脚は太くなるのか?

エアロバイクで脚は太くなる?その本当のところについて

エアロバイクなどの脚をメインに使う運動をすると脚が太くなってしまうのでは?
と心配される方は多いです。

 

特に女性にとって、太い脚というのは特に気になる部分ではないでしょうか。

 

エアロバイクなどの自転車運動を行うと脚が太くなるのかという疑問を持つ方は多いです。ネット検索をかけてみても太くならない、という言葉もよく見かけます。

 

でも、実際のところはどうなのかというと結局のところはエアロバイクでも脚を太くしようと思えば太くなりますし、普通にダイエットや運動のために乗っている分にはまず太くなることはありません。

 

結局のところはエアロバイクの乗り方、運動強度(負荷調整)、運動頻度によって変わってきます。

 

脚が太くなる乗り方

エアロバイクの運動で脚を太くしたくない、太くなる可能性を潰したいのであれば以下のような運動は避けましょう。

 

NG:重い負荷(力一杯踏んでやっと回せる重さ)での運動

 

重い負荷での運動は筋力を目一杯使わないとペダルを回すことができないはずです。このような思い切り踏み込んでペダルを回すような負荷では運動しないようにしましょう。

 

重い負荷というのは人によって違うのですが目安として、1分間に40回転前後、頑張っても50回転以上の回転数を維持できないような負荷です。

 

つまり、重くて速くペダルが回せないような負荷は足の筋肉をメインに使って運動しているため、この負荷を高頻度で行うと軽い負荷で運動している時よりも筋肉が発達して脚が太くなる可能性があります。

 

そのため、重い負荷での運動を避け、脚がよく回る(1分間で70〜80回転)軽い負荷での運動を行ってください。軽い負荷は筋肉への負担が少なく、心臓をメインに使うため、有酸素運動にも最適です。

 

実際のところ自転車だけで脚を太くするのは相当大変

例えば、私は普段ロードバイクに乗っていますが、テンポトレーニングというものをよく取り入れています。

 

このテンポというのは上でも話したように40回転がギリギリ回せるような高負荷を目一杯踏む筋力アップのためのトレーニングです。

 

しかし、これを散々やっても足はなかなか太くなりません。
なので余程筋トレのように筋肥大、筋力アップを狙った専用の機器を使ってのトレーニングでもしない限り太い脚になることはありません。

 

例えば、サイクル運動で脚が太くなる太くならないの話に比較対象として競輪選手の話がよく出ると思います。

 

ロードレーサーと競輪選手は乗り方が違うから競輪選手のように短い距離を全力で漕ぐような乗り方をしなければ太くならない的な話ですね。

 

でも、実際のところ競輪選手と同じように乗るだけではあれだけの筋肉はつくはずがありません。もちろん、毎日のように(超回復の期間)で頻繁に運動をすれば筋肉は発達しますが、競輪選手は自転車だけ乗っていてあの筋肉を作っているわけではありません。

 

当然ですが、パワーを発揮するために筋トレマシーンなどを使って筋トレをしています。

 

なので余程の重い負荷で毎日のように運動しない限りはそう簡単に脚が太くなることはないので安心して取り組んで良いでしょう。

 

ダイエットや運動のためにエアロバイクを取り入れる場合は太くなるというよりは脂肪が燃えシェイプアップされ、引き締まってハリのある脚になります。
エアロバイクは脚をメインに使って運動するため脚やせ効果は高いと言えます。